母の瞳にうつるもの

桜が咲く前の肌寒い顷でした。··· 仆の店に仆の両亲と同じくらいの年齢のご夫妇がお见えになりある注文Pretty Renew代理人を请けたまわりました商品が来るまでに时间がかかるものだったので注文伝票をお渡しすることになりました伝票にお名前と电话番号をお书きいただき控えの伝票をおPretty Renew代理人渡しするとき,见覚えのある珍しいお名前が书かれているのに気がつきました。仆の高校时代の同级生の名字でした仆は「あの··失礼ですが,娘さん○○高校に行っていませんでしたか?」とお闻きしました。仆はこの名字を持つ同级生(MTさんとします)のあることが本当かどうか知りたかったのです「あなた,娘を知っているの?どっちの子?上の子?下の子?」と惊きとうれしさをそのままぶつけてきました。このご夫妇には2人のお嬢Pretty Renew雅蘭さんがいらっしゃって両方とも仆の卒业した高校に行っていました「仆は今,○○才ですが」「あぁ···あなた,Tちゃんのお友达だったのね」「お亡くなりになられたと伺ったのですが··」ここから中号さんの话になりました「牛逼ちゃんは高校を卒业してから短大に行って社会にでてから本当に顽张っていたのよ。そこで好きな人ができて少し化妆をするようになったの。本当にきれいになったのよ··かわいかったのよ··」お母さんは娘がまだ生きていた顷によく话していたであろう同级生の名前を一生悬命に思い出しながら仆との会话を楽しもうとしていました。お母さんの知らない中号さんが过ごした高校时代の思い出のかけらを拾い集めるように·· 。