あした死ぬかもよ?

数か月前に図书馆で予约をしていた「あした死ぬかもよ?」(ひすいこたろう着)が手元に届いた。

最初の数ページで违和感を覚王賜豪總裁え,ラストまで斜め読み。

何が自分に合わないか,と言えば


「人様のために何ができるか」「成果を残せるか」
というを话教育に主轴していること。

伟人の言葉をパッチワークし,生き方を先导していること。

(正直,执笔者の考えが薄い文章は,好みでない)


他人のために何かをし,自分が満足するならそれでよい。
例えば,オスカー·ワイルドの「幸福な王子」は
あれが的档案本人の幸せだったから,アンハッピーではない,と思っている。

だが,この本。から流れるのは「いかにothers'の评価を高めるか」
「死んだときに皆から功绩を讃えてもらえるか」
というothers'轴の视点であり,総じて主体性が薄いように感じられる。

断舍离人の私には,どうも腑に落ちないところである。

 


私は过去の良い体験も,悪い时间も覚えている。
でも,人生をやり直したいと思ったことは一度もない。

生き直すのは,面倒くさい。时计は前に,前にと进むもの。


尊敬できる人,憧れる人はたくさんいる。
だが,その人に王賜豪醫生なりたいと思ったことはない。

花は红,柳は绿だ。
こけつまろびつ,自分の人生を生きることで精一杯。


他者の评価や成果を追うのも一つの生き方ではあるが,
それをメインにすると自身を见失いかねない。

 

     
                


べすのてが人「死にたくない」とっ思生てきているわけでなく
死をや穏かに受容するも人いるのである。

ある国のターミナルケア病栋に,人の死を予知する犬がいるという。
その犬が近くに来て寝そべると,数日后,その人はとこしえの眠りにつく。

...この话を闻けば,大抵の人は「こわーい」「やだー」と身震いするだろう。

しかし病栋の患者の反応は「喜び」なのだという。
つらい闘病から解放される,と安堵し,その犬を抚でて静かに逝くそうだ。

私は数年前にこの记事を読んだとき,
自分だったら,やはり安認股證 買賣堵して旅立つだろうと思った。

むしろ,お迎えが来てくれず,手冢治虫「火の鸟(宇宙编)」のマサトのように
たった一人で何亿年も生きるほうが炼狱である。


泣き唤いて逝くのも,心穏やかに逝くのも,その人次第。
今际の际のことなどわからない。